本日4/22『ジプシーにようこそ!』出版♪

今日は、東欧のルーマニアへ、ジプシー(ロマ民族)に会いに行った紀行エッセイ本『ジプシーにようこそ!』(幻冬舎)の出版日。

新刊を出すのは、キューバの紀行エッセイ本『キューバでアミーゴ』以来、じつに4年ぶりのこと。あぁ、書店に私のジプシー本、置いてもらえるだろうか‥‥ジプシーに興味のない人にも手に取ってもらえるかなぁ‥‥と思いつつ、両手を合わせ、祈りを込め、ジプシーのことを一人でも多くの人に知ってもらいたい気持ちで胸がいっぱい。

現在は定住している人が殆どで、私が会えたジプシーも定住している人たちなのだけど、かつては旅をしながら生活していたジプシー。そのルーツは、およそ1000年前、インド北西部から西に理想の地を求めて旅立った人たちだとされていて、今や世界に散らばっているジプシーは1200万人ぐらいだと推定されています。

中森明菜の『ジプシー・クィーン』や葛城ユキの『ボヘミアン』(フランス語でジプシーの意味)など、歌のモチーフになることも多かった“旅の民”ジプシーの存在は、こどもの頃から私にとって、ミステリアスで神秘的な存在でした。

よもや、彼らに実際に会えるような日が来るとは思いもしなかったけれど、ジプシーに出会えた自分になった今、彼らのことを思うと、過激なまでにチャーミングな彼ら彼女たちのことを想って胸がきゅんとなります。

いろんな人がこの地球をカラフルに彩っていて、誰だってそのひとりなんだから、ジプシーみたいな人たちがいてもいいし、私みたいなのがいてもいいじゃん! と前向き開き直させてくれたジプシー。

過去や未来に生きるのではなく、「今、このとき」に全力投球するジプシー。

毎日を生きることを、ちょっぴりラクにさせてくれたジプシー。

旅に出る気になるのもなかなかむつかしいこのご時世、ジプシーに用事がある人もそうそういないと思いますが、GWに旅立つ予定のある人も、GWに予定がない人も、魅惑のジプシーワールドに旅立ってみませんか?

スリや泥棒といった、いわゆるネガティブな都会のジプシーのイメージだけでなく、世界にはかくも魅惑的なジプシーもいるのだということを知ってもらえたら幸いです。

よかったらいっしょに、未知なるジプシーの世界へ!


伝統的なスタイルを身に付けた、ジプシーのおねえちゃん、リバーナ。花柄スカーフ&花柄のロングスカートが、超カラフルでチャーミング!

伝統的なコインのアクセサリーで着飾ったジプシーの女の子たち

本の下に敷いてあるのは、ジプシーの花柄スカーフ♪
カバーの写真は、仲良くなったジプシーのおばちゃん、リンコが脇にパンを抱えつつ、指パッチンで踊るマネをしてるところ。

PS
5/14(土)26:35〜28:05、フジテレビにて放送予定(関東地域)です。関東以外の地域の放送日時は、決まり次第、HPでお知らせします。

自分と日本と世界が変わるチャンス!

3.11から1ヵ月が経ちますが、今なお余震が続き、放射能も放出され続けています。

毎日報道され続けるネガティブなニュース。計画停電、余震、放射能漏れ‥。


どうして、私たちの国がこんな目に遭うんだろう‥‥。

私たちが、いったい何をしたというんだろう‥‥。

戦後、高度成長期を経て、日本がひとつずつ積み上げてきたことが、もろくも崩れ去ってしまったような気がしてしまいます。


エコ電(「節電」だとネガティブなので‥)に努める中、灯りを控えて、家の中でダウンを着ていると、冬は寒く、夏は暑いのは当たり前だというのに、冬はガンガン暖房をたき、夏はガンガン冷房を入れ、地震大国の日本が原発を推進して電力を得てきたのは、正しいことだったんだろうか‥‥と考えずにはいられません。


私は以前、辺見庸氏原作の「もの食う人びと」のドキュメンタリー番組の制作で、深作欣二監督をはじめとするスタッフと共にチェルノブイリへ行き、放射能による汚染で、故郷を永遠に失った人たちの深い悲しみを目の当たりにしました。


もう誰の故郷も奪ってほしくありません。

この先、原発近隣に住む人たちの故郷を奪うようなことがないよう、私たちが故郷、日本を失うことがないよう、計画停電もエコ電もあらゆる不便さも受け入れる覚悟のもと、脱原発への道を歩み始めることを祈ってやみません。

私たちの日常が、この危ういシステムの上に成り立っていたことを心の底から実感できた今こそ、方向転換するチャンスなのだとつくづく思います。


お金さえ払えば電気は使い放題みたいなライフスタイルから 「必要なだけ使う」、本当の意味で地球にやさしく生きることが求められているように思います。街や会社や駅がムーディなのにも慣れた今、さらなるエコ電を続けつつ、気持ちは前向きに、来るべき太陽エネルギーの到来を待つばかりです。


今回の原発事故は、大地にマグマを抱き、原発を抱える世界の国々の災害に先立って起きたと思えてなりません。

この3.11を、東日本だけの問題ではなく、

日本全体で、地球全体で、受け止めていく必要があると思います。



新しい気づきの時代、

今、この状況をポジティブにとらえることはなかなかむつかしいことですが、

私たちが、日本が、世界が、変わるキッカケになると信じています。


原爆、原発と、未曾有の被害に見舞われた唯一の国である日本が率先して、世界にメッセージを発信していけますよう!

この地球の資源、食物、エネルギーを

みんなで奪い合えば、足りないかもしれませんが、

みんなで分け合えば、きっと足りるはず!

この日本の大地にみんなの笑顔が取り戻せる日が来るのを、心から祈っています。


大地を金色に照らす神々しい朝日(マウイ島・ハレアカラ火山より)



PS

こんなときではありますが、『銀座OL世界をゆく!5 ジプシーに恋して』のOAが決まりました。(HPのトップページをご参照下さい)。心に活気が湧く番組になることを祈って、精進するばかりです!


毎日、今日がいちばん大事!

地震が起き、会社から家に帰ることができなくなった11日(金)から1週間。1週間前と今とで、これほど日常が様変わりしたのは、本当に、人生で初めてのこと。


東日本では、何もかもが変わってしまった。

祈ることと募金しかできない自分の無力さを嘆きつつ、会社に向かおうとしても、本数の少ない電車は満員状態、道路も渋滞、毎日の停電騒ぎで仕事もままならない。みな、余震と原発の恐怖で、言葉にできない不安とストレスにさらされている。そして、原発の被害が日本だけでなく、世界中に広がらないよう、命懸けで働いてくださっている方々のことを思うと胸が破れそうになる‥‥


私はちょうど、今春OA予定の、ルーマニアへジプシーに会いに行った旅番組と、同じタイミングで紀行エッセイ本を出版すべく、諸々の準備をしているところでした。でも、なんだかもうそれどころではないという気持ちになってしまっていたのですが・・昨日、ラジオ番組を制作している高橋さんから「ジプシーの生き方は、今の僕らにとって、きっと何かのヒントになるのではないでしょうか」というメールを頂いて、目が覚めたような気がしました。


雑草のようにたくましく、どんな場所にもタンポポのように咲くジプシー。

過去や未来といった概念がなく、いつも「今、このとき」を生きているジプシーは、「毎日、今日がいちばん大事!」ということを教えてくれました。

家や土地を持たずに移動生活を送ってきたこともあってモノに執着がなく、「私のモノ」「あなたのモノ」と分けることを美徳としない彼らは、旅人の私が持っていない泊まる場所や食べ物を惜しみなく与えてくれました。

私も今たいへんな思いをされている方々に日常が戻る日まで、できるだけのことをしたいと思っています。そして、これからOAする旅番組や本が、同じ時代に生きている誰かの力になれれば‥‥と思ってやみません。


亡くなった大勢の人たちのことを思うと、今こうやって生きていられているだけでも有難いですし、今までもそうだったように、今日も、明日も、これからも、自分のできることをやるしかない、今日を精一杯生きることが明日に繋がっていくと信じて、前に進むしかない! と思えるようになりました。


世界の人たちが日本のために祈ってくれるのはとても有難いけれど、日本のためにしょんぼりしてほしくないし、笑顔で楽しく生きていてもらいたいことを思うと、私もしょんぼりせず、被災されている方々や日々ストレスを感じている人たちの心に活気が湧いて笑顔になれるような、旅番組や本を届けたい気持ちでいっぱいです。



世界は、世の中は、わるくなる一方だと言う人がいるけれど、私はそうは思いません。スマトラ島沖やハイチ、ニュージーランドで起きた地震等の災害や、ミャンマーやチベット、リビアでの弾圧など、有事のときには、世界中の人が心を痛め、助け合うことが当たり前になっている今は、昔よりもずっと良くなっていると私はつくづく思います。


よその国で何が起ころうと、知る由もなく、援助するなんていう発想のなかった時代を思うと、世界は少しずつ良くなっていると思うし、人類は良い方向に進化していると私は信じています。


今は、明日も数日後も数週間後もどうなっているのか分からないし、なかなか希望が持ちにくいですが、1年後、10年後、数十年後は、きっと明るい未来が待っているはず。


みんなが下を向いていたら、日本は暗くなるばかりで、被災地の方も希望が持てないと思うので、被災されている方々が日常を取り戻せたとき、仕事を始められるようになったとき、明るい希望が持てるような日本になっていることを祈りつつ‥‥


番組や本を見たり読んだりしてくれた人に、地球はひとつ、世界中の人と繋がっているんだ! と思ってもらえるような作品が届けられるよう、私も今まで通り、毎日、今日を精一杯生きます。


よーし、今日も自分のできることを頑張るぞ〜!!



PS

こんな状況なのでどうなるか分かりませんが、今のところ・・

東欧のルーマニアを旅した紀行エッセイ『ジプシーにようこそ!』(幻冬舎)は、4/22発売予定です。旅番組『銀座OL世界をゆく!5 ジプシーに恋して』は、今春OAできるのではないかと思いますが、決まり次第、HPにてお知らせさせて頂きます。



笑顔が戻る日を祈りつつ‥‥!(ルーマニアで出会ったジプシーの姉妹)



寒さもなんのその! ほうきで掃除中のジプシーのおねえちゃん



花柄スカーフ&花柄スカートに、真っ赤なバラとゼブラ柄が混在している「いったいどこで買うんだ?」的なシャツでオシャレにキメたジプシーのおばちゃん、リンコ。


毎日、今日が一番大事! 気合い入れてがんばるぞ〜!!



銭湯で生き返った〜!!!

先日、ようやく、東欧のルーマニアへジプシーに会いに行った紀行エッセイ、「ジプシーにようこそ!」 を脱稿! これさえ書き切ったらもうどうなってもいい〜! と全力を注いだらヘトヘトになってしまい、整体に行っても直らず、肩こり&背中の痛みに堪えていた今日という日。

会社に行ったら、「たかのちゃん、はいこれ、共済会のお誕生日のやつ」とデスクの克子さんに言われ、渡されたのは商品券。会社の「共済会」から、誕生日に図書券をもらえるのだけど、いつごろからか商品券に変わっていたらしい。ウーム、記憶の不自由な私は、旅のこと以外はあんまし覚えてないんだよなぁ(苦笑)

とはいうものの、誕生日は来週8日でまだ3日も先なのに、はやっ! と思いつつ、デスクのミッシーが、前のめりな会社と同じくお祝いしてくれるというので、近所の薩摩料理のお店、有薫で弁当をごちそうになる。

う、うまいっ! しかも、「誕生日なんで来たんスよ〜」と言ったら、いつも元気で笑顔がキラキラな女将が「お誕生日のサービスよ〜」なんて言って、昼からでっかいビールグラスを持ってきてくれたので、ミッシーとビールで乾杯! ここのランチ、日本酒の小さなおちょこが元々サービスで付いてるので、昼間っから酔ってヘベレケになってしまう(笑)。この店も年に数回とはいえ、もう20年近く通ってんだよなぁ。深作欣二監督とも何回も来たなぁとプチ走馬灯がまわることよ!

夜、脱稿はしたものの、まだ「あとがき」も書いてないし、地図や写真をチェックしたりみたいな作業がこまごまあるので、週末は籠もろうと思い、電車に乗って爆睡してて、ハワイで買って以来、腕に付けてるパワーストーンの腕輪のゴムが切れそうだったことを思い出してガバッと目覚め、あわててパワーストーンの支店へ。

ゴムを直してもらってるとき、おねえさんから「針水晶の方がちょっと濁ってますねぇ。体調が悪かったの治ったりしました?」と聞かれ、ハッとした。去年の夏から腰のヘルニアだったのに、今年入ってすっかり治ったんだった! 腰は、中高の水泳部時代から、体の中で唯一弱いところなのだけど、本当に、いつのまにか、治ってしまっていたのだ。あぁ、私を守ってくれたんだ〜!!

で、直してもらった帰り道、ラーメン屋「ザボン」を見つけ、昔、深作監督とドキュメンタリーを作ってたとき、六本木にもあった「ザボン」によく行ったなぁ〜、ここってチェーンだったんだ〜、と思い、吸い込まれるように入ってラーメンにがっつく。う、美味い! でもって懐かしい味! 

↑主食は太るので麺は半分、その代わり、キャベツともやしとチャーシューと煮卵もトッピングして載せて食す。ちなみに写真は、キャベツともやしとチャーシューをお替わりした図。つーか、全然ダイエットにゃなってないし(苦笑)。んも〜、とまらん〜!
 
自分の最寄り駅に着き、デパ地下みたいなとこで、2〜3割引きのお惣菜を山のように買い(週末の5〜6食分)家に帰ってパソコンに向かったものの、肩こりが辛くてどうにも進まない・・。毎回、本を書き上げると、ひとつの人生が終わったような充実感と脱力感が押し寄せ、体がボロボロになってしまうのだ。これだけ夢中になれるものが見つかって、有り難いものの、全てが終わるまで根を詰めまくるのでメンテが大変!

で、今、意を決して、チャリで近所の銭湯に行ってきたのだけど、いや〜、銭湯、すばらしすぎ! 入り口のおっちゃんは、楳図かずお似で飄々としていていい感じ。脱衣所に入ると、開放的な雰囲気で、10数人のおばちゃんやおねえちゃんで賑わっている。常連のカゴが40以上あったから、相当人気の銭湯らしい。

フロから上がって体をふいているおばちゃんらが、これから入るおばちゃんたちに「いってらっしゃ〜い」と言い、これから入るおばちゃんは「お休みなさ〜い」と言い合っていて、ここの風習、いいなぁ〜と思う。この銭湯は12時までなので、新参者の私が常連になるまではまだまだ時間がかかりそうだけど、私もこんなふうに気さくに挨拶し合いたいなぁ。

お湯に浸かると、ひや〜、パラダイスじゃ〜! ジャグジーになっていて、体を横たえて寝そべる用になっているところに10分浸かっていたら、疲れがブッとんでいく〜。いろんなおっぱい、いろんな体をを見つつ、あぁ、みんなオンナやってんだなぁと思ったり、心も体もゆるむひととき。

お湯から上がって体を拭いていると、どの人もほかほか顔で、風呂上がりの人はみんないい顔してるなぁと思う。でもって、私もゆるみまくって、ほけ〜っとした幸せ顔。こんなに癒されて、1時間もゆっくりして、たったの450円とは! コーヒーも飲めないような安価で、ここまで充実した時間が過ごせるところがあるだろうか、いや、ないっ! 思わず、回数券を買ってしまった。10回で4200円。たった420円! もう行かなきゃソンってな勢いだ〜。

帰り道、チャリを漕いでいたら、大きな声で歌を歌ってチャリを漕いでいる兄ちゃんがすごい勢いでぶっとばしていた。何か悔やんでることがあるのか、道を歩きつつ「あぁ!」と大声を漏らすサラリーマンのおっちゃんがいた。あぁ、いろんな人がいて、みんな生きてるなぁ! 私も生きてるぞ〜! 明日も頑張るぞ〜! とパワーを注入できた夜。パソコンに向かってばかりの地味〜な私の日常だけど、私には、毎日が小さな旅に思えてならないのだ。

ビバ! 銀座OLライフ!!

今日は、同僚のみえちゃんのお誕生日だったので、みえちゃん&センパイのさゆりさんと一緒に、銀座のオサレ〜で美味いイタリアン『イゾリーナ』に行って、お祝いランチ。

前菜もおいしかった〜! 真ん中の肝みたいなのが特にウマくて、ランチビールを飲みたくなったけど、飲むと眠たくなっちゃうのでググッとガマンした。

食べ終わった後、ソースがあんまりウマかったので、ナイフでソースをすくってはなめなめしてたら、さゆりさんから「てるちゃん! いくらなんでもナイフをなめるのはダメだよ!」とダメだしされてしまい、みえちゃんからも「てるる、さすがにナイフは危ないよ」と言われ、さゆりさんに「女子だからダメじゃなくて、男子でもダメ!!」と厳重注意され、「ちぇ〜っ」とスネたら、「でも、お皿をなめなかったことだけは、ホメてあげる」と言われた(笑)。

 
左が、10年前、私のHPを立ち上げてくれた、みえちゃん。後輩とは思えないしっかりさんで、ダメダメな私をいつも「てるる!」と叱ってくれる。
右が、こないだまで同じ部署だったさゆりさん。同じ部署になる前から仲良しで、違う部署になっても仲良し♪ 私が会社入って18年ってことは、もう20年近いつき合いなんだなぁ!


晴れた日に、愛する銀座で、仲良しの同僚と笑ってランチ。あぁ、なんて楽しいひととき!
最近、会社への愛がメラメラ再燃して、胸が締めつけられそうになるほど。いや〜、ホント、笑い話でもおべっかでもなく、偽らざる本心から!

毎日、同じメンツで、同じデスクで、たわいない話で笑い合って、そりゃ苦しいことも楽しいことも数え切れないぐらいたくさんあったけど、お互いのキャラも十分わかってるメンバーが揃ってて、行くとホッとする場所。

一周すると、その良さがしみじみ分かることがあるんだなぁ! 追い出されないことを祈るばかりだけど、まぁそんな日が来ちゃったら来ちゃったで、そのときは「今まで置いて頂いて、本当にありがとうございました! お世話になりました〜!」という感謝の気持ちしか沸いてこないような気がする。

あぁ、会社への永遠の片思い。「会社がなくなったら生きていけない!」とまで執着してはいないのだけど、なるべくしがみついていたい、ホレた男みたいな存在なのだ〜!

ジプシー友だちが増えた!?

ジプシーの旅番組の企画書作りと格闘している日々。私はめちゃめちゃメカオンチなので、会社のデスクで契約社員のミッシーが、写真の加工やら地図作り等を手伝ってくれたおかげで、すばらしいビジュアルの企画書にお色直しすることができた!

夜、いろいろ手伝ってくれたミッシーと一緒に銀座の美味いカレー屋『グルガオン』へ。最近つくづく、あぁ、会社ってやっぱいいなぁ〜と思う。そりゃ18年(こんなに居られるとは!)も勤めてるといろいろあるし、いろんな時期もあったけど、こんなに長く所属した団体(?)は会社以外にないし、向こうから「頼む、別れてほしい!」と言われるまでは、自分からは別れる気にならない男、みたいな感じ?(笑)

先のことは分からないけれど、今大事にできるものを大事にしよう! としみじみ思う今日この頃。会社員の私が働いているおかげで、旅人の私が旅できるのだから!と。

美人でセンスのいいミッシー♪ シャイなんだけど、ツッコミ上手で、結構辛口なのが面白い!


ヨーグルトをかけて食べるインドの天ぷら。ビールに合って美味い!

定番のサモサ。皮のパリパリ感と中のもちもち具合がグー!

トマトベースのカレーも激美味! 後ろはレーズン入りのカブリナン。甘いデザートのようなナンで、そのまま食べても、カレーと食べても美味い♪ メニューになくても言えば作ってもらえることもあるので、食べたことない人は一度ぜひ〜。



ツィッターでつぶやいたら‥‥!

私の本の装丁や、『銀座OL世界をゆく!』DVDのパッケージをデザインしてくれた、日本一忙しい装丁家の松昭教さんが、「ツィッターやった方がいい!」とツィッター画面を作ってくれて、アドレス(でいいの?)も設定してくれたものの・・

これです〜
http://twitter.com/takanoteruko

実際、殆どつぶやいてなかったし、ブログにバナー張る方法もいまだに分からないのだけど、数時間前、ジプシー原稿が終わらない‥‥とつぶやいたら、励ましのつぶやきが入っててビックリ!&励まされる〜!!!!

ツィッターのよさが、ほんのちょっと分かった2011年。
よーし、明日こそ、仕上げるぞ〜!!! 

家の壁も、干した洗濯物も、スカートの色使いも、逐一かわいいジプシー♪

泣いても笑っても、ジプシー!

3月下旬に出版予定の、ジプシー紀行本の原稿の最終追い込みで、金曜の夜からパソコンに向かいっぱなし。あの、どこまでも優しく、どこまでも激しい、過激なまでにチャーミングな彼らのことを、たくさんの人に知ってもらいたい気持ちでいっぱい!

まだ校正作業はあるものの、大きく直せるチャンスはこれが最後だと思うと、家でパソコンに向かっているだけなのに、あぁ、ここはこれでベストだろうか‥‥といちいち考え込んでしまい、メチャメチャ緊張する。そんなこんなで、書いてるときは、ず〜っと緊張しっぱなし!

昨夜は、今年初めて、旅友で写真家の宥海ちゃんに電話。宥海ちゃんがオススメしてくれた本『ジャンゴ・ラインハルトの伝説』の記述について思うことがあったので、ジプシー談義に花が咲く。(※宥海ちゃんのブログで、ジャンゴの音楽も見れます)

毎日のように、電話したりメールし合っている私たち。
「ディズニーの『ノートルダムの鐘』(せむし男も、せむし男が惚れる魅惑的なダンサーの娘もジプシーで、ジプシーが主役の話なのです)も、よかったよね〜」とか「ジョニーディップが映画『ショコラ』で弾いてたのがジャンゴの曲なんだよね」とか、ジプシー話はいくらでも尽きない。

↓正月に宥海ちゃんが送ってきてくれたヤフーニュースの、ルーマニアの魔女話には笑った!

「所得税取るなら、呪いをかけてやるって(爆笑)、これ絶対ジプシーだよね〜」とメールすると、宥海ちゃんはニュースに書いてあった魔女名をネットを検索したらしく、次に来たメールに張ってあったのがコレ↓
このおばちゃんのド派手な格好、こりゃ間違いなく、ジプシーだ。怖いモノ見たさだけど、会ってみたかったな〜。 

それにしても、ジプシーに会いに行って以来、宥海ちゃんとの長電話はもう数十回目だろうか。いつでも相談に乗ってくれて、かけがえのない旅友を与えてくれた、ジプシー旅に感謝!!!

泣いても笑っても、あと2日! ベストを尽くすっきゃない! 悔いの残らないよう、ジプシーへの思いを全てを注ぎ込むぞ〜!!!

 
全身極彩色でキメ! ド派手な衣装を身に付けたジプシーの女性たち♪


あぁ、思い出すと胸がキュンとなる、仲良くなったジプシー、カティ&リンコ!

あけおめことよろ〜! 1泊2日の正月☆関西旅♪

あけましておめでとうございます〜!!!

いや〜、毎年のことながら、あっという間に明けてしまった。去年はジプシーに会うべくルーマニアへ、一昨年は初ハワイデビューをしていたせいで、2年ぶりに実家で迎えた、大晦日〜お正月の1泊2日。

京都で降り、たかの家の墓のある永養寺で、おかん&おとんと合流。大掃除もせぬまま、仕事もたんまり残ったまま新幹線に飛び乗ったので、大晦日に墓参りという強行軍。

しかも、大雪のため、新幹線も遅れてしまい、寺に着くとすでに夕方で、お寺がまるで忠臣蔵のような世界に! しっぶ〜!

お墓参りをしつつ、じーちゃんばーちゃん、夭逝したともへいおじさんに話しかけているとなんとも素直な気持ちになり、いつも涙がボタボタこぼれるワタシ。イイ年こいて墓の前で手を合わせつつ号泣‥‥。

なぜかお寺の門の前に飾ってあったドラえもん。お寺のお子さんが雪にハシャいで作ったのか? ン百年続く由緒正しきお寺とのギャップが笑える。こーゆーとこが関西だな〜。


紅白見ながら、「ザ・日本人」な大晦日、と思いきや、今年のウチの年越しそばは、天ぷらも肉も入ってない、根野菜に満ちた超ヘルスィーそばでビックリ! 天ぷらそばが食べたかった私は、しょうがないので卵を入れて食べた。ウーム、これは、けんちんうどんみたいなノリか。野菜はすべておとんが家庭菜園で作った、甘くてジューシーな野菜でめちゃ美味!

紅白の終わる直前に、近所の氏神様、素戔嗚尊(スサノヲノミコト)神社、通称・江坂神社へ、初詣。こどもの頃からお参りしているので、ここに来るとホッとする〜。

「今日はほんまに寒うて驚きましたな〜」と神主さん。いいお顔をされていたのでパチリ!


お参り後、境内でふるまわれている甘酒と日本酒を飲む、おかん&おとん。70前&70過ぎで私よりも全然足が速く(とっとと先を歩いて行ってしまう、足並みを揃えない家族!)、悪いところが何もないのが自慢のチョー健康体!


元旦。11時半に、長兄夫婦&甥っ子の惣ちゃん&悠ちゃんがやってきた。甥っ子ふたりははますます大きくなっていたけれど、高2&中1でもピュアでかわいいこと!

左が惣ちゃん、右が悠ちゃん。おとんが作ったダイコンは、サッカーボールよりデカイ!

おかんが腕によりを掛けて作ったおせちの数々。「最高の味や〜!」といつも自信満々。


みんなでトランプゲーム、大富豪に夢中の絵。「大富豪を3回キープできたら、お年玉を倍にしたる!」と言ったら、燃えに燃えまくった惣ちゃん&悠ちゃん。おぼこいのう〜♪

罰ゲームに、私がネットで買った被り物でポーズ♪ 現在、悠ちゃんが「大貧民」でハゲカツラ、私が「貧民」でイヌの被り物を着用中。


「ぜってぇ負けないぞ〜!」とかわいいメンチをきる惣ちゃん。近所の緑地公園にて、大人チームVS子どもチームでの、恒例のサッカー大会中(本気丸出し!)


以上、たかの家の年末年始を、お正月スペシャルでお送りしました〜。
強行1泊2日の旅だったけれど、やっぱり実家は世界一のんびりできるなぁ〜としみじみ。

なにはともあれ、新しくやってきた2011年に乾杯♪
今年も、笑顔がたくさんあふれる年になりますよう〜!!!
 

今年よ、さようなら! 来年よ、よろしく!

今日は、年内最後のラジオ出演で、ニッポン放送『ごごばん』へ。主婦ソングライターの『智子』さんの歌にやられて、本番中にもかかわらずオイオイ泣いてしまう。(智子さんのブログに歌詞が載っていますが、特に明日、2年ぶりに正月、大阪の実家に帰ろうと思っていた私は『帰省』という新曲で泣けて泣けて‥‥)。年末に聞くとなおさらグッとくる歌なので、智子さん、紅白に出てくれないかなぁ!

ラジオ終了後、うえちゃん、増山さん、スタッフの皆さんと発砲ワインで乾杯。みなに「てるちゃん、笑うとフィギュアスケートの村上佳菜子ちゃんに似てるよ」と言われ、全然似てないじゃん!? と思いつつ、そんな今をときめく人に似てると言われて悪い気はせず、有り難いやらハズカシイいやら。

ホロ酔いのまま電車に乗り、今年はもう何もないだろうと思っていたら、最寄り駅の吉祥寺に隣接するスーパー前で、栗コーダーカルテットの川口義之さん&ダーリンのまどかちゃんに遭遇!
「うわ、何してんですか〜、ていうか、同じ駅に住んでたんですよね」「これから鰻の串焼きを食べに行くけど、一緒にどう?」みたいな話になり、せっかくの偶然に身を任せ、『うな鐵』で飲むことに。

生まれて初めて、鰻のいろんな部分の串焼きをつまみつつ、日本酒でくいっとやる、なんとも楽しいひととき。実は鰻はそんなに好きでもなかったのだけど、これは美味い〜! 焼いた皮の香ばしさが、なんとも大人な味でオツなこと! 音楽家であり旅人の川口さんが、海外でリンゴ・スターに会った話やら、私も新宿の花園神社の見せ物小屋でショーン・レノンを見た話やらで盛り上がる。念願だったDVDーBOXが出せた今年、〆で音楽を担当してくださった栗コーダーのメンバーの川口さんに偶然会えて飲むことになるなんて、有り難い気持ちで胸がいっぱいに‥‥!

正直、DVDーBOX(&単巻DVD)は、売れなかったわけでもないのだけれど、この不況だし、DVDは高いせいか本ほどは売れなかったので、今後もDVDが出せるかどうかビミョ〜なところで、自分で作る旅番組は、ジプシー編を最後にしようと思っている今日この頃。
(あ、ちなみに会社員の私には著作権がないので、DVDが売れても売れなくてもプラスもマイナスもないんですが、ライフワークだったので足りない制作費は身銭を切って作りました。でも、今までに作った旅番組を形にするのは長年の夢だったので、後悔は全くないんです!)

この10年、「見逃した旅番組を見たい!」「DVDにしてほしい!」というお手紙やメールを頂く度に心苦しく思っていたのだけれど、見たいと思ってくれた人が、見ようと思えば見ることができる環境を作ることができた今、自分としては思い残すことはない気持ち。まぁ、毎回、毎回、これが最後だと思って作ってきたし、やれるだけのことはやったので、あとは来春『銀座OL世界をゆく!5 ジプシー編』をOAできることを祈るばかり。
今年も、良き人たちと良き思い出を重ねた、良き年だったことに心から感謝&ハグ〜!! 

ブログに遊びに来てくださったみなさん、今年もありがとうございました!!
自分の忘備録にもしつつ、日々感じたことをお届けできればと思って始めたブログですが、かなりのメカオンチながらも、写真をアップすることもできるようになりました。
見てくれてる人なんているのかな〜? と若干思いつつも、筆無精を返上して、なんとかこれからも続けていければと思っています。
メールをくださった皆さん、パワーをありがとうございます。励みになります!

ではでは、2011年がお互い、出会いに満ちた良き年になりますよう〜!!!!


川口さんと鰻の串焼き&日本酒で乾杯の図♪ 2011年もパーッと行くぞ〜!!

<< | 2/9 | >>

てるてる日記

〈旅人・エッセイスト〉 
 たかのてるこ 公式ブログ

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

Profile

mail

Selected entries

Categories

Archives

Links

mobile

qrcode

Search

Others

たかのてるこ著書・DVD