パク・ヨンハの死、切ない‥‥

ネットで、韓流スターのパク・ヨンハが自殺したというニュースを知って、ショック‥‥。

冬ソナを見ただけで、そんなにはよく知らなかったものの、先日たまたま『世界を変える100人の日本人』のスペシャル(世界中で活躍している日本人が紹介されていて、ニュージーランドで温泉旅館を作っている女性とか、さすらいの料理人とか、凄く面白く興味深かった!)を見たら、ゲストに出ていて、お、パク・ヨンハ、久しぶりに見たけど、いつ見ても笑顔がやさしくてすてきだなぁと思ったところだったから。

ヨン様やパク・ヨンハ等、冬ソナのキャストは心の底からスゴい、とつくづく思っていた。
2002年に日韓のワールドカップが開催された後、韓国が身近になってきたところに、冬ソナが放送されて、日本の韓国へのイメージは、それまでのネガティブなムードを一気に吹き飛ばし、冬ソナ以前、以後では、激変と言えるほどガラリと変わったことを思うと、冬ソナの凄さは計り知れず、どんな社会運動よりも、文化が与える影響力の凄さを思い知らされたものだった。

なので、冬ソナのメインキャストで、日本の韓国へのイメージを変えた立役者のひとりでもある彼が亡くなったことが、ほんとうに、ほんとうにショックだった。

何がそれほど辛かったんだろう‥‥。生きていれば、誰だって虚しくなることがあるし、未来はまだ来ていないのだから先が分からないのは当然で、不安はつきもの。明日に参加したくなくなってしまったときに、メンタルのケアをしてくれる人がいなかったのかな。グチがこぼせない人だったのかな‥‥。

冬ソナ、という言葉を聞いたときに、哀しい気持ちがセットになってしまったのが、とても残念。そして、あの、やわらかな笑顔がもう見れないことも。落ち着いたら、また生まれ変わってきてもらいたい‥‥。心から合掌。