劇団M.O.P.の解散公演!

同じ関西出身の、大好きな女優さん、キムラ緑子さんからメールを頂いて、緑子さんの青春の終わりと、新しい始まりを見届けるべく、劇団M.O.P.の解散公演『さらば8月のうた』を見に行く。

いや〜、本当にすばらしかった! 舞台での緑子さんの、同性から見てもハグしてあげたくなるほどキュートでいじらしく気が強くてでも人一倍優しくて愛おしかったこと! 

お話は、戦争に翻弄される人たちが描かれる長い大河ドラマでありつつも、26年続いた劇団M.O.P.の歴史も感じさせるという内容で、途中から涙が止まらなくなる‥‥。
実は、劇団M.O.P.を見たのは今回が初めてで、こんなに好きになったのに、もう見れなくなるなんて、あまりにも切なすぎる! 

舞台のタイトルにも8月が入っていたけれど、8月は毎年、日本にあった戦争について思い出され、平和をいっそう祈りたくなる月。毎年思うことだけど、学校も会社もお休みで、平和について考える余裕ができる、このお盆の時期が、日本の終戦記念日になったことは、日本人のメンタリティに多大な影響を与えたような気がする。毎年毎年、戦争は絶対イヤだ! 世界が平和になるには、どうすればいいんだろう! としみじみ思うから。

ニュースやドラマでも繰り返し、戦争が描かれるけれど、こういったすばらしい舞台を見ると、今ある平和の陰には、計り知れない犠牲があったことを忘れてはいけない、という気持ちになって胸がつまされる。ああ、生きていることが当たり前だと思って、生きることにあぐらをかいていてはいけないよなぁと思い、襟を正したくなる、8月という月。


たまたま隣の席だった、昔お仕事させて頂いたオギさんと、オギさんの後輩のニシさんと一緒に、緑子さんの楽屋へ。私はあまりにもグッときたので、どうしても緑子さんをハグしたい気持ちになり「すばらしかったです〜」と言ってハグしようとすると、緑子さんに「いや、ハグしたいのは山々やねんけど、今、舞台終わったところで汗だくやから!」と首を振られたのに、「いや、その汗だくなところをハグしたいんですってば!」と言いつつ、半ば強引にハグしてしまう(笑)。

「私もほんまは飲みに行きたいねんけど、あんたらだけで行って〜」と緑子さんに言われ(いちいちそんなことを言うところが、緑子さんのかわいいところ!)、その後、中華屋で、オギさん、ニシさんと、ビールで乾杯! みなで緑子さんを称え、主宰のマキノノゾミさんを称え、劇団M.O.P.を称えて飲む、まことにいい夜だった!