『おはよう世界』の高橋弘行さん!

好きなテレビ番組といえば、ほぼ毎日のように見ている、NHKーBS1『おはよう世界』。(番組自体が長いので、7時台から録画したものを1.5倍で再生して、特に興味のあるニュースをがっつり見る)

この番組、キャスターが隔週で交代するスタイルで、どちらのキャスターの名前も高橋さんなのだけど、私のお気に入りは断然、高橋弘行さん! (もうひとりの高橋さんがわるいわけではないのだけど、高橋弘行さんがちょっとすばらしすぎるもので。失礼!)

朝、高橋弘行さんの『おはよう世界』の録画を見つつ朝ごはんを食べていると、世界各国の放送局から届くニュースには、悲喜こもごもあって、悲しいニュースの方が多かったりもするのだけど、それらのニュースを高橋さんの誠意のこもったコメント付きで見ていると、世界はまだまだ大丈夫だ! と力強く思えるのだ。

わかり易いキャスターでは池上彰さんが大人気で、私も「週刊こどもニュース」の頃から好きだけど、最近じゃわかり易いことだけがことさら取り上げられて、池上さんの解説を聞くと、世界を全部わかってしまったような気持ちになるのがちょっと恐い気もする。一刀両断! はい、分かりましたね!? みたいな。

その点、高橋弘行さんの解説は、わかり易いだけでなく、いろんな含みが感じられるところが一層好感がもてる。世界的な視点と日本から見た視点のバランス感覚に長けていて、知性や品性が感じられるし、こんなにニュートラルで平等な考え方ができるジャーナリスト、なかなかいない!

今日は、フランスのサルコジ大統領が、ロマ(ジプシー)を強制退去させようとし、野党や人権団体が猛反発しているというニュースが取り上げられていた。ジプシーのことを取り上げるニュースは、「おはよう世界」くらいのもの。

日本のニュースは世界から見た視野が欠けているし、いつも放送するニュースのプライオリティが違うと思ってしまう。(酔っぱらいがケンカして殺傷事件になったとか、そんなニュースを流すより、世界的視野で見れば、もっと大事な、知るべきニュースがあったはず! と思って)

「おはよう世界」では、日本の重要なニュースも取り上げるので、ニュースはこれでほぼ十分! と思っているぐらいこの番組のファン(というか、高橋弘行さんのファンか)なのに、まわりの人で「おはよう世界」を見ているという人にまだ会ったことがないのが悲しいところ。

願わくば、毎週、高橋弘行さんならいいのになぁ〜と思ってしまうのだが、朝早い番組だし、毎週はキツいのかなぁ。彼はNHKの職員? それとも国際部の記者? うーん、謎。
何はともあれ、高橋弘行さん、いつも応援してます。これからも、世界の豊かさを届けてください!