柳家喬太郎さんの独演会で大笑い!

夜、先日ゲストで出させて頂いた柳家喬太郎さんのラジオ番組『キンキラ金曜日』(←7/16のゲスト出演時のラジオ、ポッドキャストで聴けます)の公開収録を兼ねた、落語の独演会があるというので、伺わせて頂く。

若手の落語家さんで(46歳の師匠、落語界だと若手なんだとか!)、今1番チケットが取りにくいと言われている喬太郎さんだけあって、600枚のチケットは1日でソールドアウトだったそうで会場は超満員!

まくらで世界観に引き込まれ、古典落語が始まると、江戸に生きていた人がありありと目に浮かぶこと! こざかしくて、それでいてお茶目で、なんとも憎めない小心者で、人間臭いたちが繰り広げるハチャメチャなお話がおかしくて、お腹がよじれるほど大笑い。
いきいきと何人もの登場人物を演じわける喬太郎さんがすてきすぎて、江戸の正直者のくず屋さんなんて、その正直ぶりがいじらしく、まぶしいほど! やっぱり生のライブ感は全然違う!
 
舞台終了後に、ご挨拶に伺ったのだけど、さっきまで舞台上でキラキラ演じておられた方を目の前にするとハズカシすぎて、ラジオではあんなにベラベラしゃべってたクセに、感想ひとつ上手に言えなかった・・。ああ、なんて気の利かないワタシ・・。
喬太郎師匠、本当にたのしいひとときを、どうもありがとうございました!