たかの組の忘年会

まだまだ続く忘年会も今日が最後。今日は、東映の撮影所がある大泉学園で、『銀座OL世界をゆく!』のDVDーBOXで関わってくれたみんなとの忘年会。編集の須永さんが「年に一度くらい、たかの組で集まろうよ!」と言ってくれて、 え、たかの組なんてあんのか? と思いつつ、いつも手伝ってくれるメンバーに声をかけたところ、みんなが集まってくれたので。

みんなの近況を聞きつつ、和気藹々の飲み会。みんなの笑顔を見ていると、やっぱいつものメンバーで集まるのはいいもんだなぁとしみじみ。須永さんが昔、内田裕也の映画を編集したときの話に腹がよじれる。なんでも内田裕也は、「上に登ろうとするな! 転がり続けるのがロケンロールだろっ!」と豪語されていたそうで、さすがロッカー! という感じ。ええ、ええ、言われるまでもなく、転がり続けますとも! つーか、こちとら不器用なんで、転がり続けるしか道がないし。あぁ、みんなの力を借りて、なんとか来年、ジプシーの旅番組をオンエアできますように‥‥!!! と祈るばかり。

みなとハグして別れた後、須永さん、カメラマンのタカハシくんと私と3人で1時間限定のカラオケへ。須永の歌うヒップホップ「YOU THE ROCK」の過激な歌詞に大笑い。最後はお約束、タカハシくんの歌う『ハイティーン・ブギ』に泣き、須永さんの『ツッパリハイスクール・ロックンロール』で笑ってシメる。どっちも生き様があふれんばかりで、すげ〜歌詞だなぁ! 昔の
歌は、5W1H(いつ、どこで、誰が、何を、なぜ、どのように)がちゃんと入っているところがいい!