12/18土曜ワイド特別企画OA!

今日は、土曜ワイド劇場 特別企画のMA(音楽入れ)の後、試写。ゲストの女優さんもよかったし、最後まで緊張感の続く見応えのあるドラマになっていたので、胸を撫で下ろす。

試写後、近くの韓国料理屋さんで打ち上げ。池広一夫監督はじめ、スタッフの皆さんもほくほく顔。あぁ、無事終わって、よかった〜!

大映出身の池広監督は、私が学生時代、映画を見まくっていた頃にハマった映画スター、市川雷蔵さん(雷ちゃん)の代表作『眠狂四郎』シリーズを演出されていた監督。

池広監督は監督生活50年(!)の、御年81歳の今も、チャーミングな方なのだけど、若い頃のまぁハンサムなこと! いつも池広組のスクリプター(記録)を担当してくださってるマサコさんは、下の、監督が見せてくれた、雷ちゃんと監督のツーショット写真を見て、「どっちが市川雷蔵?」と言ったくらい、超さわやかなイケメン! あぁ、出会うのが50年早ければ‥‥なんて(笑)。
(↓ふだんの雷ちゃんはスクリーンで見せる美貌とはかけ離れていて、どこにでもいるサラリーマン風なのです。どっちが雷ちゃんか分かります??)
池広監督の代表作で、市川雷蔵さん主演映画、『眠狂四郎 無頼控 魔性の肌』、見たことがない方はお正月にでもぜひ。今までの時代劇のイメージが100%裏返り、甘美でアナーキーな狂四郎ワールドにハマること請け合いです♪

PS
12/18(土)21:00〜23:20、土曜ワイド特別企画『終着駅の牛尾刑事VS事件記者・冴子 〜完全犯罪の使者』(テレビ朝日系)。2時間ドラマを一度も見たことがないという方、お時間が許せばぜひ〜。私のキャラとはかけ離れた渋〜いドラマですが(笑)、土曜ワイドの良心といえる終着駅ワールドをよかったら体験してみてください。

下の写真は、鶴太郎さん、徳井優さん、佐藤二朗さんら、キャストのみなさんたちと終着駅同志の飲み会の様子。正直、番組によって千差万別なのだけど、この終着駅シリーズは、座長(鶴太郎さん)がホトケのように穏やかで、なおかつユーモアに満ちた人なので、毎回、まるで天国にいるような現場です〜。

 
二朗さん(私の左隣)、ウチの下の兄貴に似てて、な〜んか親近感が湧いちゃうんだよなぁ! 二朗さんの左で顔を突き出してるのは、TV『ゲゲゲの女房』で質屋のおっちゃん、映画版『ゲゲゲの女房』では妖怪役(!)だった徳井優さん。おだやかな笑顔で合掌しているのは、牛尾刑事(鶴太郎さん)とバディを組んでいる大上刑事役の東根作寿英さん。みなさん、ホントに、気さくでおもろくていい方ばかり〜♪

鶴太郎さんと。あ〜、アタシなんで口全開にして舌なんて出してんだろ(苦笑)。ま、酔っぱらってたんだろうなぁ〜。やれやれ。