ベンキョーする時間がほしい〜!

夜、寝る前のしばらく、ハードディスクに入れたキーワード(旅、紀行、世界、歴史等)で勝手に録画した番組を1、5倍速(2倍は無理だけど、1、5倍速なら聞き取れる)で見るのだけど、見たい番組が追いつかない! 

昨日は、DaiGoという人が、スプーンを触らずにスプーン曲げをしている番組が撮ってあったのを見た(なぜ、この番組がキーワードに引っかかったかは謎。番組に「世界」が入っていると勝手に撮ってしまうのだ)

ほう〜、すげ〜! とクギ付けになるも、スプーンが曲がって柄が取れちゃうと、もうそのスプーンが使えなくなってゴミ箱行きになるので、こんなスゴい能力があるなら、もっと何か役に立つ方向にこの能力が使えるといいのになぁ〜と思ってしまう。まぁ彼はマジシャンで、超能力ではないようなので、そんなこと考えちゃう私がヤボってことか〜(苦笑)。


最近ハマっているのは、BS世界アニメ劇場『ペリーヌ物語』。ウチのスゴ録、なんでそんな少女マンガチックなメルヘンアニメを撮る!? と首を傾げつつ、再生してみると、これがなんと立派な旅モノではないか〜。インド生まれだかで、両親が亡くなってしまったペリーヌは、唯一の肉親であるおじいさんを訪ねて、木の下で野宿(!)したりしながら旅をしているのだが、これが深夜にまったり見るのになかなかグーなのだ。 

初めこそ、ペリーヌの絵(顔)が可愛く思えなかったのだが、道中、悪い人にだまされたり、いい人に出会って助けられることがあったりと、旅の上がったり下がったりが丁寧に描かれているのをのがいい。寝る前のひととき、安ワインをかっくらいつつ、旅を続けているペリーヌを見ていると、「旅ってこういうことあるよな〜、分かる分かる」と旅の甘酸っぱい感じを思い出したり、いつのまにか「ペリーヌ、がんばれ〜!」とエールを送っている自分がいる。あぁ、どうせなら初回から見たかったな〜! 


NHKはお宝の山で、『歴史秘話ヒストリア』も見逃せない! 面白い回は本当に面白くて、目からウロコがボタボタ落ちまくり。

ここ数年、一番ハマっているのは、深夜にやってる、NHKの高校性向け日本史&世界史(HPもあるので復習にもグー!)。これがまぁ面白いのなんの! たとえば縄文時代も、私が学んでいた中高時代は、基本、狩猟なので貧富の差がそうないとされていた記憶があるのだけど、新しい遺跡が見つかったり少しずつ発掘が進んだおかげで、縄文の後期にはクリやクルミ、稲の栽培が行われていたことが分かり、貧富の差も生まれていたことなどを知り、「へぇ〜! ほうほう!」と目からウロコをボタボタ落としている、私の深夜の勉強ライフ。酒飲みながらリラックスしつつベンキョーできるのが、学生時代と違っていいところ(笑)。

高校時代なんて、まったくと言っていいほど興味の持てなかった日本史も世界史も、旅するようになってからは、イチから勉強し直したい気持ちでいっぱい! 大人になった今、興味が定まってきてからの勉強は、テストもないから楽しいな〜!