南米の先住民族・ヤノマミ族!

土曜ワイド『終着駅の牛尾刑事VS事件記者・冴子』の現場で、昨日から流行っている“ヤノマミ”話。私の幼なじみ「矢野まり」と名前が似てるなぁと思いつつ、鶴太郎さんが「ヤノマミが、ヤノマミで!」と、ゲスト刑事役の佐藤二朗さんにしきりに言っていて、なんの話だろう? と思っていたのだが、今も1万年前と同じ暮らしをしている、南米の先住民族の名前なのだった。

鶴太郎さんが、NHKスペシャルで放送された『ヤノマミ〜奥アマゾン・原初の森で生きる』(劇場公開もされたらしく、DVDもアリ)をエアチェックしたDVDをまず二朗さんに貸し、私も昨日見させてもらったのだけど、いや〜、スゴい、スゴすぎる!!! 今も弓矢で狩りをし、ほぼ裸に近いまま暮らしていて、欧米で“最後の石器人”と呼ばれているというヤノマミ。

ブラジル政府と部族の長老と10年にわたる交渉の末、ようやく取材を許され、150日間、番組スタッフが彼らと共に生活し、制作されたドキュメンタリー。大反響になったという番組だけあって、脳天がビリビリ震えるような衝撃映像を体感しつつ、めくるめく世界にぐいぐい引き込まれてしまう。原始的な暮らしとはいっても、ハンモックを吊してまったり寝そべっているのが、あくせくしていなくて、優雅でいい感じ!

アフリカやパプアニューギニアの人たちは私たちと外見がかけ離れているものの、ヤノマミはモンゴロイド系の顔立ちなので、こんなにも親近感が湧くんだろうか。とにもかくにも自分たちの、会うことが叶わなかった祖先の映像を見ているような気がしてきて、なんとも不思議な気分になるのだ。

日本の通常の放送基準ではNGになるような映像も出てくるのだけど、「彼らの実態をありのままに伝える」ということでそのまま放送された映像の数々は、彼らの瞳があまりにもきれいで、子どもたちの無垢な笑顔がチャーミングすぎて、野蛮だとかそういう風には感じられず、なんというか、人間としてありのままに生きている人たちだなぁ! と思えてならなかった。


で、今日は私もヤノマミ話に参加し、「ヤノマミが、ヤノマミで!」とツバを飛ばしつつ、鶴太郎さんらと語り合ってしまう。見ると、この、なんとも言えないビリビリ感を伝えたくて、人にも映像を見せたくなってしまう、なんとも不思議なドキュメンタリーなんだよぁ!

こんな映像を見ると、フツーなら速攻会いに行きたくなるものなのだけど、ヤノマミに関しては、同じ地球の同じ時代に、こんな暮らしをしている人たちがいるんだ〜! と知ることができただけで十分有り難い感じ。これ以上、文明に接したりして、彼らの欧米化が進むことが、彼らの幸せには繋がらないと思えるから。

自分が会いに行けない代わりに、貴重な映像を見せて頂けて、ありがたや〜! という気持ちにまでなった、世にも珍しいドキュメンタリー。貸してくれた鶴太郎さんと、ヤノマミと5ヵ月も同居してこの映像を作り上げたスタッフの人たちに感謝!!!