土Wで富山ロケへ

終着駅シリーズで、今日から5日間、富山ロケ。
後発隊の私は、原沙知絵さん、遊井亮子さん、林剛史くんをお連れして、一緒に富山入り。
林くんは、戦隊シリーズ『デカレンジャー』のデカブルーだった役者さん。こないだツカちゃんと一緒に吉川(晃司)さんの映画の、打上げの2次会のお店で偶然会ったので、これも縁かと思ってキャスティングさせてもらうことに。

スタンバイ場所の部屋で待ち時間があったので、原さんと遊井さんとガールズトーク。ドラマの現場に来るといつも思うことだけど、美しいおふたりを見ていると、世の中には「美しい人」という係があるんだなぁと思ってしまう。生で見ると、女優さんの美しさはハンパじゃない!きれいな人に目がない私は、その美しさにホレボレ。

おふたりとも、とても気さくな方々だったのでホッとしつつ、「O脚が治ればいいんですけどねぇ」なんて話をしてたら、原さんが「ちょっと立って見てください」と言って、台本を私のヒザにはさみ、「ヒザをひっつけるときに使う、この筋肉を鍛えればいいんですよ〜」と言いつつ、ヒザを触られ、なんだかドキドキ。あぁ、品のいい“大人顔”の原さん、全然年下なのに、もし女子高に通っていて自分の先輩だったら、憧れの先輩だっただろうなぁなんていう妄想が炸裂。きれいな人と話すと緊張するなぁ!


夜、先に富山入りしていた水野真紀さん、いしのようこさん、佐藤二朗さんと夕食。緊張しすぎで、ホテルのメニューが豪華すぎて、味が分からない‥‥と思っていると、去年、このシリーズでお会いしていた水野さんとがモリモリ私にツッコんでくださる。
「事務所の後輩の、長澤まさみちゃんが、たかのさんの本でたかのさん役を演じたんですよ〜」「ええ〜!? なんですか、それ??」と一同あ然。初めて会ったとは思えない、ちょっとウチの兄似の、佐藤二朗さんも「何ひとつ似てないのに!?(笑)」とガンガンつっこんでくださる。

みなさん気さくで優しい方々ばかりだったので次第に心がほぐれ、夕食もシーンとなってしまわず、話も盛り上がったのでホッ。二朗さんの口調は、他人行儀な「たかのさん」から「オイオイ、こら、たかの!」になってるし(笑)。初めて会うゲストの俳優さんと話すのは緊張するけれど、毎回、期間限定の転校生のような感じで、人生でもまたお目にかかれるかどうか分からない方々なので、楽しく過ごせることを祈るばかり。

秋の風情を感じる、上品なお料理。こんなに豪華な食事が出るロケは、本当に滅多にないことなので、期間限定のセレブ気分で写真撮りまくり♪