10/4(木)&10/10(水)、ハンガリーから来日するジプシー楽団のコンサート&たかのてるこトークイベントのお知らせ

うわ、超久しぶりのブログ更新で緊張気味・・。
毎日、山のように思うことはあるのに、ついツイッターの方が気軽に書き込めるので、なかなか更新できず仕舞いだったのだけど、今日はジプシーのことを書かせてもらおうかと!

人生には何でもキッカケがあるもので、自分の今までを振り返ってみても、入った学校から、就いた仕事から、仲良くなった友だちまで、キッカケがあったなぁと思うのだけど、私は一番影響を受けた民族は、と聴かれたら「ジプシー(ロマ)!」と断言するくらい、ジプシーに会いに行ったことで、人生が変わりました。



歯が3本しかなくったって、なんのその! ジプシーのキュートなおばちゃん、リンコ


過去や未来といった概念がなく、いつも「今」しか生きていないジプシー。苦難の歴史にもかかわらず、ふてぶてしいまでに明るくポジティブなジプシー。さっきまで泣いてたのに、もうゲラゲラ笑っていたりと、テンションがクルクル変わるジプシー。

そんなジプシーたちと過ごしていると、初めは振りまわされているような気分になったり、(オイオイ!ったく、いい加減だなぁ〜(苦笑))と思ったりもしたのですが、いつしか自分も、出し惜しみせず、いつでも「今」に全力投球しよう! と、本気で腹の底から思うようになりました。そして、自分で自分を抑え込むのをやめて、もっと自分らしく生きたい! と思うようになったのでした。

めいっぱいのオシャレで、ジプシーパーティに参加した、かわいいジプシーの女の子たち。


で、「今に全力投球」して、「自分らしく生きる」には・・と考えたら、結論はたったひとつ、会社を辞めて“旅人”になることだったので、去年の7月に18年勤めた会社を辞めて今に至るのですが・・辞める前は本当に辛くて、勇気がどうしても出なくて、ウジウジウジウジ悩んでました。でも、そんな私の背中を蹴り飛ばしてくれたのは、やっぱりジプシーの存在でした。

私に、私らしく生きる道を進ませてくれたジプシー。直そうと思っても直せないモノが個性なのだから、それを伸ばすしかない! と腹をくくらせてくれたジプシー。そして、今も私の灯台のような存在になってくれているジプシー。

お金なんかなくても、子どものように思いっきり笑うジプシーたちの笑顔を思い浮かべつつ、彼らの、どこにでも咲き誇るタンポポのようなたくましい生き様を思い出すと、人間はなんとしても生きていける! と思えて勇気が湧いてきます。

人は、いつか死ぬために生きてるんじゃない、自分らしく生きるために生まれてきたんだと、今になってつくづく思います。



ジプシーのチビッコたちも、どこから見つけてくるんだか、古着ファッションの合わせっぷりのオシャレなこと!


会社を辞めるときも、「旅人なんて、単なる無職じゃん!」「これから独り身で、どうやって暮らしていく気?」とか散々まわりに心配されました。確かに収入はメチャメチャ不安定になったし、来年の今頃、どうしてるかもサッパリ分からないようなジプシーライフを送っていますが、会社を辞めたことは1ミリも後悔してません。それは、会社員時代よりも、ずっとずっと自分のことを受け入れられるようになって、自分のことを好きになれたからです。

色鮮やかな衣装に身を包み、オシャレに命を懸けているようなジプシーほどではありませんが、私も、目立っちゃいけないと自分を抑えていた会社員時代よりもずっと明るい服を着るようになったし、オシャレを楽しめるようになりました。

いつも心にジプシーを! これは私自身を勇気づける、呪文のような言葉になっています。


『銀座OL5 ジプシーに恋して』関西でOA決定! 

久しぶりにたっぷり寝て、なんとも気持ちのいい土曜日。今日は洗濯しつつ、7月半ばに大幅にリニューアル予定のHPの原稿書き。

東映に入社以来、長〜いつき合いの石橋蓮司さんや、キュートな酒井美紀さんにゲスト出演して頂いた、土曜ワイド劇場・終着駅シリーズも、6月下旬に無事クランクアップし、来週のMA(音楽入れ)後には納品。

『銀座OL世界をゆく!5 ジプシーに恋して』を制作しつつ、「ジプシーにようこそ!」の出版&宣伝、「ジプシーに恋して」OA後は、ドラマの準備に追われ、怒濤の流れだったこの春〜初夏の日々が一段落してきて、ああ、なんだか今年の慌ただしさがまるで夢のよう!


いろんなことを、一度足を止めて、ちゃんと考えたいのに、毎日やらねばならないことに終われてびゅんびゅん過ぎてしまって、どうにももどかしかったこの数ヶ月。

3.11以降、みんなよってたかって必死に3月10日に戻ろうとしているように思えるけれど、3月10日に戻っていいことなんかあるのかな? と思ってしまう今日この頃。もちろん、被災地の方には、1日も早く普通の生活が送れるようになってほしいと願っているけれど、被災に遭わなかった側の人たちは、今までの自分たちの生活を考え直す、変われるチャンスなのになぁと思う。

「節電」という呼び名は、ガマンとかやらさてる感のあるネガティブな言葉なので、ポジティブに「エコ電」と呼びたいと私は思っているのだけど、写真家の宥海ちゃんの家の近所のコンビニは、エコ電のために全部電球をLEDに変えたらしく、蛍光灯色のLEDは光がかたいから、前以上にビカビカに光ってるらしい。

このところ、薄暗かった街の灯りが前のように明るくなってきた感があるけれど、LEDに変えて前よりも街をビカビカにすることが、ほんとうに私たちが目指す方向なのかな? ジプシーに会うべく旅したルーマニアも、他のヨーロッパもロシアも、街は薄暗かったけど、あんな感じで日本もこれからはムーディにいけばいいんじゃないのかな? と思ってしまう。

この猛暑にもかかわらず、サラリーマンはスーツ姿の人がまだまだ圧倒的に多いし、バスもデパートも相変わらず冷房ギンギンだし、何も変わってない気がしてしまう日本の夏。(宥海ちゃんがバスの運転手さんに「冷房を弱にお願いできませんか?」と言ったら、『冷房は「ON」か「OFF」しかないんですよ。OFFにしたら、車内が蒸し風呂状態になってしまうんで…」と言われたそうな! なんてエコじゃない仕様のバス!)

メディアの報道とかに惑わされることなく、私は自分のペースでこれからどうすればいいのかを考えたいなぁと思う。今のと日本と同じく、私も自分を見つめ直して、とことん向き合うぞ〜!!


PS
ようやく『銀座OL世界をゆく!5  ジプシーに恋して』7/5(火)25:58〜27:33 関西テレビにて放送されることになりました!!!

超ド深夜ながらも、我がふるさと、関西でもOAできることが決まって、心の底からホッとしてます。よかったらぜひ見てください!

他の地域での放送が決まれば、HPにアップしますが、今のところ他の地域での放送は未定です。お願いはしているんですが、放送するしないの権限が私にはないので、私宛ではなく、お住まいの地域のフジテレビ系ネット局にお願いメールを出して頂くか、9/21発売予定のDVD『銀座OL世界をゆく!5 ジプシーに恋して』(OAされなかった未公開シーンや特典映像も満載です)をごらんくださいますよう〜!


老若男女200人が集合したジプシーパーティのディナータイム(写真は夜中の0時!)
「今、このとき」を生きるジプシー(ロマ)を見ていると、心に活気が湧いてきます〜!

旅人の私に、泊まる場所と食べ物がないことが分かると、所有の概念の薄いジプシーのリバーナ(右端)が「泊まっていきなさい!」と優しく招き入れてくれたときの、うれしかったこと! 
後ろに見えるカラフルな服は、後先考えずに大量に洗濯した後、雪が降ってしまったので、そのまま吊りっぱなしになっている洗濯物(笑)。






なんとジプシーから(!)、メールを頂いて感激!

ふぅ〜、怒濤のOAからもうすぐ1週間。
それなのに、6月クランクインの土曜ワイド劇場『終着駅』の準備や、番組の後処理やらで、いまだにしっちゃかめっちゃかのバッタバタ。毎日3回ぐらい時計を見たら、もう夜中になっているような勢いで、ブログに書きたいことが山ほどあるのに、書く時間がないよ〜(>_<)!

ブログよりはツィッターの方が気楽に更新でき、たまにつぶやいているので、よかったら〜。

番組を見て下さったみなさん、本当に感謝です! そして、見れなかったみなさん、ごめんなさい‥‥。

他の地域での放送は、ごめんなさい、未定です。OAしてもらえるかどうかは地方局次第なので、お願いメールは、すみませんが、私のブログ宛ではなく、お住まいの地域の、フジテレビ系の系列局まで送ってくださいますようお願いします! 

待てない! ぜひ見たい! カットされたシーンも見てみたい! と思ってくださる方は、よかったら、9/21(水)発売のDVD『銀座OL世界をゆく!5 ジプシーに恋して』を見てくださいまし〜。

実は、なんと、このブログ宛に、ジプシーの若い人から「番組を見て感動しました!」というメールをもらって、日本にジプシーがいたんだ〜と思って、感激&ビックリ! 

ご本人に快諾して頂いたので、ゴマくん(あだ名だそうです)からのメールを載せさせて頂きます! ジプシーの人に感謝されるなんて、番組を作った甲斐があったと思えて、私も心の底から感激しました(>_<)!


たかのてるこさん

始めまして。
東京に住んでいるジプシ−民族生まれ、27歳のフランス人です。××(本名)と申します。あだなはゴマです。

今夜、彼女と電話でケンカした後に、偶然で たかのてるこさんの「ジプシ−に恋して」ドキュメントを見ました。
感動しましたので、たかのさんにメールを送りたくなってきました。

僕が知ってるジプシ−の事とそっくりだったよ。自分の家族等を思い出したし、会いたくなってきたので。
我々ジプシ−にとって、家族が一番大事な物です。
ドキュメントみたいに、僕の家族にも色々ありました。自分のお父さんも会った事もないし、おばあちゃんとおじいさんに育てられた。

また、『Gadjo Dilo』(※『ガッジョ・ディーロ』。リバーナと出会った村で撮影された映画です)と言う映画タイトルが出ると思わなかった。

たかのさんが ジプシ−の事について色々知りまして、本当にビックリしました。
そして本当に有難かった。なぜかって言うと、ヨ−ロッパ等にジプシ−のイメ−ジがとても悪い(危ないと言ったタクシ−ドライバ−みたいに)。
泥棒しか出来ない民族と思われてるとか。だが、たかのさんのドキュメントを見るとジプシ−人々に会いたくなると皆感じられたと思います。

たかのてるこさん、本当に有難うございます。

宜しくお願いします。


寒さの中、ジプシーの少女は元気いっぱい!



ジプシー友だちが増えた!?

ジプシーの旅番組の企画書作りと格闘している日々。私はめちゃめちゃメカオンチなので、会社のデスクで契約社員のミッシーが、写真の加工やら地図作り等を手伝ってくれたおかげで、すばらしいビジュアルの企画書にお色直しすることができた!

夜、いろいろ手伝ってくれたミッシーと一緒に銀座の美味いカレー屋『グルガオン』へ。最近つくづく、あぁ、会社ってやっぱいいなぁ〜と思う。そりゃ18年(こんなに居られるとは!)も勤めてるといろいろあるし、いろんな時期もあったけど、こんなに長く所属した団体(?)は会社以外にないし、向こうから「頼む、別れてほしい!」と言われるまでは、自分からは別れる気にならない男、みたいな感じ?(笑)

先のことは分からないけれど、今大事にできるものを大事にしよう! としみじみ思う今日この頃。会社員の私が働いているおかげで、旅人の私が旅できるのだから!と。

美人でセンスのいいミッシー♪ シャイなんだけど、ツッコミ上手で、結構辛口なのが面白い!


ヨーグルトをかけて食べるインドの天ぷら。ビールに合って美味い!

定番のサモサ。皮のパリパリ感と中のもちもち具合がグー!

トマトベースのカレーも激美味! 後ろはレーズン入りのカブリナン。甘いデザートのようなナンで、そのまま食べても、カレーと食べても美味い♪ メニューになくても言えば作ってもらえることもあるので、食べたことない人は一度ぜひ〜。



泣いても笑っても、ジプシー!

3月下旬に出版予定の、ジプシー紀行本の原稿の最終追い込みで、金曜の夜からパソコンに向かいっぱなし。あの、どこまでも優しく、どこまでも激しい、過激なまでにチャーミングな彼らのことを、たくさんの人に知ってもらいたい気持ちでいっぱい!

まだ校正作業はあるものの、大きく直せるチャンスはこれが最後だと思うと、家でパソコンに向かっているだけなのに、あぁ、ここはこれでベストだろうか‥‥といちいち考え込んでしまい、メチャメチャ緊張する。そんなこんなで、書いてるときは、ず〜っと緊張しっぱなし!

昨夜は、今年初めて、旅友で写真家の宥海ちゃんに電話。宥海ちゃんがオススメしてくれた本『ジャンゴ・ラインハルトの伝説』の記述について思うことがあったので、ジプシー談義に花が咲く。(※宥海ちゃんのブログで、ジャンゴの音楽も見れます)

毎日のように、電話したりメールし合っている私たち。
「ディズニーの『ノートルダムの鐘』(せむし男も、せむし男が惚れる魅惑的なダンサーの娘もジプシーで、ジプシーが主役の話なのです)も、よかったよね〜」とか「ジョニーディップが映画『ショコラ』で弾いてたのがジャンゴの曲なんだよね」とか、ジプシー話はいくらでも尽きない。

↓正月に宥海ちゃんが送ってきてくれたヤフーニュースの、ルーマニアの魔女話には笑った!

「所得税取るなら、呪いをかけてやるって(爆笑)、これ絶対ジプシーだよね〜」とメールすると、宥海ちゃんはニュースに書いてあった魔女名をネットを検索したらしく、次に来たメールに張ってあったのがコレ↓
このおばちゃんのド派手な格好、こりゃ間違いなく、ジプシーだ。怖いモノ見たさだけど、会ってみたかったな〜。 

それにしても、ジプシーに会いに行って以来、宥海ちゃんとの長電話はもう数十回目だろうか。いつでも相談に乗ってくれて、かけがえのない旅友を与えてくれた、ジプシー旅に感謝!!!

泣いても笑っても、あと2日! ベストを尽くすっきゃない! 悔いの残らないよう、ジプシーへの思いを全てを注ぎ込むぞ〜!!!

 
全身極彩色でキメ! ド派手な衣装を身に付けたジプシーの女性たち♪


あぁ、思い出すと胸がキュンとなる、仲良くなったジプシー、カティ&リンコ!

今年よ、さようなら! 来年よ、よろしく!

今日は、年内最後のラジオ出演で、ニッポン放送『ごごばん』へ。主婦ソングライターの『智子』さんの歌にやられて、本番中にもかかわらずオイオイ泣いてしまう。(智子さんのブログに歌詞が載っていますが、特に明日、2年ぶりに正月、大阪の実家に帰ろうと思っていた私は『帰省』という新曲で泣けて泣けて‥‥)。年末に聞くとなおさらグッとくる歌なので、智子さん、紅白に出てくれないかなぁ!

ラジオ終了後、うえちゃん、増山さん、スタッフの皆さんと発砲ワインで乾杯。みなに「てるちゃん、笑うとフィギュアスケートの村上佳菜子ちゃんに似てるよ」と言われ、全然似てないじゃん!? と思いつつ、そんな今をときめく人に似てると言われて悪い気はせず、有り難いやらハズカシイいやら。

ホロ酔いのまま電車に乗り、今年はもう何もないだろうと思っていたら、最寄り駅の吉祥寺に隣接するスーパー前で、栗コーダーカルテットの川口義之さん&ダーリンのまどかちゃんに遭遇!
「うわ、何してんですか〜、ていうか、同じ駅に住んでたんですよね」「これから鰻の串焼きを食べに行くけど、一緒にどう?」みたいな話になり、せっかくの偶然に身を任せ、『うな鐵』で飲むことに。

生まれて初めて、鰻のいろんな部分の串焼きをつまみつつ、日本酒でくいっとやる、なんとも楽しいひととき。実は鰻はそんなに好きでもなかったのだけど、これは美味い〜! 焼いた皮の香ばしさが、なんとも大人な味でオツなこと! 音楽家であり旅人の川口さんが、海外でリンゴ・スターに会った話やら、私も新宿の花園神社の見せ物小屋でショーン・レノンを見た話やらで盛り上がる。念願だったDVDーBOXが出せた今年、〆で音楽を担当してくださった栗コーダーのメンバーの川口さんに偶然会えて飲むことになるなんて、有り難い気持ちで胸がいっぱいに‥‥!

正直、DVDーBOX(&単巻DVD)は、売れなかったわけでもないのだけれど、この不況だし、DVDは高いせいか本ほどは売れなかったので、今後もDVDが出せるかどうかビミョ〜なところで、自分で作る旅番組は、ジプシー編を最後にしようと思っている今日この頃。
(あ、ちなみに会社員の私には著作権がないので、DVDが売れても売れなくてもプラスもマイナスもないんですが、ライフワークだったので足りない制作費は身銭を切って作りました。でも、今までに作った旅番組を形にするのは長年の夢だったので、後悔は全くないんです!)

この10年、「見逃した旅番組を見たい!」「DVDにしてほしい!」というお手紙やメールを頂く度に心苦しく思っていたのだけれど、見たいと思ってくれた人が、見ようと思えば見ることができる環境を作ることができた今、自分としては思い残すことはない気持ち。まぁ、毎回、毎回、これが最後だと思って作ってきたし、やれるだけのことはやったので、あとは来春『銀座OL世界をゆく!5 ジプシー編』をOAできることを祈るばかり。
今年も、良き人たちと良き思い出を重ねた、良き年だったことに心から感謝&ハグ〜!! 

ブログに遊びに来てくださったみなさん、今年もありがとうございました!!
自分の忘備録にもしつつ、日々感じたことをお届けできればと思って始めたブログですが、かなりのメカオンチながらも、写真をアップすることもできるようになりました。
見てくれてる人なんているのかな〜? と若干思いつつも、筆無精を返上して、なんとかこれからも続けていければと思っています。
メールをくださった皆さん、パワーをありがとうございます。励みになります!

ではでは、2011年がお互い、出会いに満ちた良き年になりますよう〜!!!!


川口さんと鰻の串焼き&日本酒で乾杯の図♪ 2011年もパーッと行くぞ〜!!

吉川さん、ライダー映画に主演&『天平の甍』

いよいよ、今日18日から、吉川さん主演の仮面ライダー映画『仮面ライダーオーズ×仮面ライダーダブルfeat.スカル MOVIE対戦 CORE』が公開に!

こないだ(8日)、会社の1階にある映画館「丸の内東映」で、映画の完成披露試写会があって、吉川さんがまたまた来社されたので、性懲りもなく会いに行ってしまった。殿との謁見は、2006年公開の映画『仮面ライダーカブト』の主題歌を担当されたときに初めて会いに行って以来、渋谷でのライブ、SENPOのミュージカル、武道館コンサートで楽屋にお邪魔したのと、こないだの映画の打ち上げと、思えばもう6回目だ!

ちょうど、取材と取材の間の待ち時間だと聞いていたので、控え室をノックして顔をのぞかせると、吉川さんが「お、また来たな〜」という顔で手招きしてくだすったので、ノコノコ入らせてもらい、映画の感想を熱くしゃべらせてもらったのだった。

「吉川さん、仮面ライダー映画史上初だと思いますけど、ライダーよりも闘ってましたね〜!」
吉川さんは、映画の中で「スカル」というドクロ風の“伝説のライダー”に変身するのだが、吉川さんが仮面ライダーになるまでの話でもあるので、初めのうちは生身のままで闘うのだ。しかも、吉川さん自身が闘うシーンは、殆どご本人が演じられていて吹き替えナシという快挙!

正義の味方である仮面ライダーが、ドクロの仮面を被るのは意外な感じがするのだけど、実は、原作者の石ノ森章太郎氏は当初、ガイコツをモチーフにした仮面ライダーを考えていたものの、テレビ局の意向で急遽、バッタをモチーフにしたライダーになったというから、ドクロの仮面ライダースカルは、満を持しての原点回帰なのだそうで。

「あ、もう見たの? いや〜、俺があんましアクションしすぎるのは良くないと思ったんだけどねぇ」とぼやく吉川さん。
「いやいやいや、初っぱなからシンバルキック(吉川さんが毎回ライブでやる、シンバルを飛び蹴りで鳴らすパフォーマンス。コレで2回も骨折されたそうな!)かましたり、キレのあるアクションで、スクリーンにクギ付けでしたよ〜」
「ほんと?」と吉川さん。

「吉川さんがピンチに陥って縛られるたびに、痛そうな吉川さんが気の毒で『早く変身して〜!』って思っちゃうものの、吉川さんが変身しちゃったら、もう吉川さんが見られなくなっちゃうんで(変身した後は、仮面を付けたジャックのスーツアクターさんが演じるので(苦笑))、『変身して〜!』『いや、やっぱ変身しないで〜!』って心が揺れ動いて、映画見てる間中、キカイダーの良心回路と悪魔回路が闘ってるみたいなことになっちゃいましたよ〜!」
「ハハハッ! なんじゃそりゃ(笑)」
ツバを飛ばしながらのマシンガントークに、吉川さんがウケてくれたのでホッ。

「今、映画見るチビッコは5歳くらいなんで、(今45歳の)吉川さんの還暦には、子どものときに吉川さんの洗礼を受けてファンになったチビッコたちがちょうど20歳になって武道館に来るでしょうから、(吉川さんは)これで安泰だなと思いまして」と言いつつ、指で舌をなめて札束を数えるマネをすると、吉川さんはゲラゲラ笑って「あんた、何者!?」と大ウケ。

「あなたはさ、会社の休みを取って、旅をしてるんだよね?」と吉川さんが聞いてきたので、お! と思い、「はい、今年はジプシーに会うべく、ルーマニアに行ってきたんですよ〜」とジプシーの写真を見せつつ、またしてもマシンガントークを繰り広げる。

「ジプシーは早婚で、だいたい15歳くらいで結婚して子どもを生むんで、30代半ばにはおじいちゃんおばあちゃんになって、ひ孫の顔まで見てから死ぬんですよ〜」
「ホント!? 俺なんて、子どももままならないのに・・(苦笑)」
「吉川さん、今からでも全然間に合うじゃないですか〜。ていうか、どっかに隠してないんですか?」
「いればよかったんだけどねぇ(笑)」
そっか〜、吉川さん、子どもいないんだ、って、結婚してないから当たり前か(笑)。吉川さんには遺伝子残してほしいなぁ〜(自分は1ミリもほしいと思えないクセに、あたしゃ親戚のおばちゃんか!)

手ぶらも何かと思い、今日は殿に貢ぎ物のDVDを持参していたので、お渡しする。
「コレ、こないだNHKで放送してた『天平の甍』っていう映画なんですけど、中国の歴史好きの吉川さんは絶対見た方がいい、すばらしい映画だったので」
「へぇ〜、どうもありがとう」と吉川さんはにっこり。

吉川さんに御礼を言ってもらえるなんて、ありがたや〜。これ以上、親しくなりたいなんて全く思わないし、ただひたすら、自分が10代のときに夢中になったアイドルである吉川さんに、いつまでもお元気で活動していてもらいたい一心のファンとしては、吉川さんの心の活気になるものを献上できたとしたら有り難い限り。

この『天平の甍』は、遣唐使で中国に渡り、鑑真を日本に招聘した僧たちの青春映画で、かつ、壮大な歴史大河物語なのだけど、ほんとうに素晴らしい映画なのだ!!! 日本の旅人第一号といえる小野妹子もきっと同じような思いをしたんだろうなぁと思えて、こんなにも命懸けで、当時の先進国、中国に渡った僧たちがいたからこそ、仏教やさまざまな文化が日本にもたらされたのだなぁとその苦労が偲ばれて、何度もグッときて泣けること! 自分が旅をする意味についても、改めて考えさせられた名作!

「この映画の若い僧侶役で、(吉川さん主演のデビュー映画)『すかんぴんウォーク』に出てた大門正明さんも出てくるんですよ〜」
私が、アマゾンの『天平の甍』のコピーを見せて言うと、「ホントだ〜、芸能事務所の部長役だった大門さんだ!」と吉川さん。やっぱりデビュー映画のことはよく覚えてるんだなぁ〜。今じゃ強面の大門さんが、こんなに理想に燃えるピュアな僧侶役だったことも感慨深い!

この作品、30年前の映画でありなながら、まったく褪せておらず、今みたく海外との合作映画が殆どなかったような時代に、よくまぁここまで志の高い感動大作が作れたものだなぁと感服するほど。小難しい歴史モノではなく、フロンティア精神に満ちた冒険映画でもあるので、中学校の授業とかで上映すればいいいのになぁ!

思えば、日本と中国のパワーバランスが変わったのは、たかだか100年前。今また中国に抜かれつつあるけれど、日本は漢字にお箸にさまざまな文化に、なんでも中国から取り入れてきた国。月を見て、虫の声を聞いて、風流に感じるこの感性はモロ中国の影響だし、義務教育でレ点まで付けて漢文を習う日本は、ふだんは全く意識していないものの、今も中国文化圏なんだよなぁと思う。

この映画を見ていると、今の日本と中国の関係を思わずにはいられなくなって、もうちょっと仲良くできないものかとつくづく思う。中国との長い歴史も分かるし、異文化を取り入れることの大変さも実感できるので、旅好きの人には特にオススメの映画。(残念ながらDVDになっていなくて、VHSでしか見られないのですが、大きなレンタルショップならあるかも、です)

アララ? 吉川さんの話がどこかにいっちゃった(苦笑)。吉川さん主演の仮面ライダー映画、テレビを見ていなかった人でも楽しめる映画だと思うので、お子さんがライダー好きの方は、冬休みイベントに一緒にぜひ〜!

ジプシー旅番組&紀行本、来春こそ〜!

ジプシーに会うべくルーマニアを旅して、もうすぐ1年。
街にクリスマスツリーを見かける度に、いろんなジプシーの家にあった、過剰なまでにド派手に飾ったツリーを思い出して胸がきゅんとする。あぁ、あの、最高にゴキゲンなジプシーの面々。みんな元気にしてるかなぁ〜。会いたいよ〜! 

仕事の合間を縫っていろいろ動いてはみたものの、目標としていた年末年始のジプシー旅番組のオンエアは叶わず、番組と一緒に生み出したいと思っていた紀行エッセイの出版も延期に‥‥。制作費は減る一方の、この世知辛いご時世、まだまだ全然知名度のない私は、番組の企画を通すのも至難の業。うう〜。

あぁ、私はダメだなぁ‥‥要領わるいしなぁ‥‥ぐすん‥‥と落ち込み、大失恋したような気持ちになったりもしていたのだけれど、イカンイカン、ネガティブになってもいいことは起こらん。いいことを数えなければ。映像の内容は「すばらしい!」とお墨付きを頂くことができたのだし、とにかくベストを尽くすのみ! 後悔のないよう、やれるだけのことをやろう! と自分に言い聞かせる。なんせ、頼まれてもないのに旅してきた映像を持ち込んで、旅番組としてオンエアしたいとお願いしているのだからして、おいそれと上手くはいかないのは当たり前。そうだそうだ、よーし、がんばるぞ〜!!

今までオンエアできたのが奇跡っちゃあ奇跡なんだけど、奇跡を受け取る準備はいつでも万端なので、なんとか来春(3月末〜4月頭くらい)には『銀座OL世界をゆく!5』としてOAする夢を叶えたいところ!
お台場の球体に向かって、「頼む〜、オンエアしてちょ〜」と念を送る日々。
(番組を見たいと思ってくださる方は、ぜひ一緒に念を送ってくださいまし〜(笑))

↑ウチの家の玄関にたわわとなっている、ポンカン風の柑橘の木。

隣の家の若奥さんにも、「好きなだけ取って、お風呂に入れるなり、好きに使ってくださいね〜」と言ってあるのだけど、全然減らない‥‥。あまりにも実りすぎて、枝が垂れてきたので、毎日枝ごとカットして実を収穫。お風呂に入れたり、カボス代わりに焼魚にしぼったりしているものの、いっこうに減らず、毎日毎日わんさか増えてく一方! シェ〜ッ!!

縁側付きの渋いボロ家(格安!)で気に入ってる我が家。夏は熱いは冬は寒いわで不便なとこもたくさんあるのだけど、この不便なトコが自然な感じでよいのですわ。う〜、庭の剪定もいつかはせにゃな〜。

↑柑橘系は血行に効くとネットに書いてあったので、石鹸の網をこれまたネットで買って、お風呂にこれを2セット、毎日計10個入れてます〜。効果のほどはさておき、匂いは最高にいいので癒される〜♪ 

未知の世界。ジプシーって、何者!?

会社で、土曜ワイド『終着駅シリーズ』のキャスティングをしていたら、大人計画の社長、長坂まき子さんの姿が!
「あ、長坂さん! 読みましたよ〜、新しいエッセイ本産んじゃえば?
「え、ホント? それはそれは」とニコニコ顔の長坂さん。 
「巻末の、田村たがめさんと伊勢志摩さん(大人計画所属の、超個性的な女優さん!)との母3人での対談も面白かったですよ〜。大人計画って、社長の長坂さんが、女性で結婚して子どもがいるから、所属してる女優さんも子どもがいる人がフツーにいて、すばらしいですよね〜。私は産まないけど(笑)」
「なんで? たかのさんも産んじゃえばいいじゃない」
「いや〜、私はいいですわ。もうホント、人類の繁栄は人様におまかせで(笑)」

『うぬぼれ刑事』と『ゲゲゲの女房』が終わってしまうのがあまりにも切なくて、主人公、布美枝さんの弟、たかし役だった星野源さん(大人計画の役者さん)がすばらしかったこと等を熱く語ってしまう。

見てない人にはナンの話やらという感じだと思うけど、いつもニコニコ笑顔のたかしが、誤って海に落ちて死んでしまったとき、頑固オヤジの大杉漣さんが嘆き悲しむシーンは、本当に胸がヒリヒリするぐらいせつなかった! 親に自分の遺影を持たすのは辛すぎる‥‥親より先には死ぬまい! と改めて誓ったワタシだった‥‥(アレ? いつのまにか、星野さんより、大杉さんをホメてる感じ??)

「そう言えば、宮藤(官九郎)くんに、たかのさんと2回、サシで飲みに行ったって話をしたら、『え〜、なんで誘ってくれないんですか』って、スゴくスネてたわ」
「つっても、口だけですよね〜。誘っても、絶対来ないクセに〜!」
「そうなのよ、誘っても絶対来ないクセに、きっと、誘われて断りたいのよ〜」なんて話でわいわい盛り上がる。

長坂さんに「最近は? 旅してるの?」と聞かれ、もりもり話してしまう。
「実は、ジプシーに会いたくてルーマニアを旅してきたんですけど、今はジプシーのことで頭がいっぱいで」
「え〜、ジプシーに会ってきたの!?」
「ジプシー、テンションがクルクル変わる、面白い人たちなんですよ〜。今は、“ロマ”って言わなきゃいけなくなってるんですけど」
「え、ロマ? なにそれ?」
「やっぱ“ロマ”って知られてないですよね〜。欧米でジプシーが差別的に使われてたってことがあって、ロマって言い換えるように日本の放送コードがなっちゃったみたいで。世界的な音楽バンド、『ジプシーキングス』とか、ジプシー自身も自分のことジプシーって言ってるんですけどねぇ」
「ジプシーって、その、どういう人がジプシーなの?」
「えっと、自分のこと、ジプシーと思ってる人がジプシーなんです」
「え〜? アハハハハ! 自分をジプシーだと思ってる人が、ジプシーなの!?」
もう、長坂さんってば、いい反応してくれちゃうから、話し甲斐があるなぁ〜!

そんなワケで、今年1年は私にとってジプシー年なので、頭の中がず〜っとジプシーのことでいっぱい。スキあらば、歌い、笑い、踊る、陽気なジプシーのことを、紹介させてもらえるチャンスに恵まれることを祈るばかり‥‥!

家の中も、とってもカラフルなジプシーの暮らし♪
ジプシーの花柄スカートを借りてコスプレし、真夜中に一緒に踊ってる最中!

9/12(日)旅の野外フェス、“旅祭”詳細決定!


富豪ジプシー
  ジプシーと言っても色々。豪邸に住む、富豪ジプシーのおっちゃんと♪


あっという間にいよいよ近づいてきた、9/12(日)の旅の野外フェス、“旅祭”
音楽ライブやら豪華なゲストのトークライブやら、てんこ盛りの1日の中、私が出演するのは、12:10〜13:00の「たかのてるこトークライブ」。7/30のブログに書かせてもらって以来、日にちが近づくにつれ、ひえ〜ドキドキ!

私のトークライブ、ちょうどがっつりランチタイムなので人がいなかったらどうしよ〜しぇぇっ〜と思いつつ、私はひとりしゃべりが得意ではないので、せっかくならと大好きな方にオファーをさせて頂いていたところ、なんとニッポン送送の看板アナ、新保友映さんに、スペシャルな聞き手として出演してもらえることが決定!!

新保さんは、局アナとして唯一『オールナイトニッポン』(金)のパーソナリティーをされていたりと、いっしょにいるだけで元気になれるような、好奇心旺盛で、すこぶるチャーミングな人なので、どんな話が飛び出すか楽しみ♪ 

どうすれば勤めながらも旅が続けられるのか、みたいな実践法から、インド、モロッコ、ラオス、チベット文化圏、キューバ等々の、旅先でのとっておきのこぼれ話に、最新の、ジプシーに会うべく旅立った東欧の秘境ルーマニア旅まで、いろんな旅話をさせてもらおうと思っています。

あと、トークイベント後、13:30〜、会場のたかのてるこブースで、DVDか文庫を買ってくださった方と、握手会&サイン会をさせて頂くことになりました。よかったら一緒に記念撮影もさせて頂きますので、興味のある方はぜひ遊びに来てくださいね〜!

 詳しくは、たかのてるこ旅シリーズ〉『銀座OL世界をゆく!』DVDーBOX公式HPの「お知らせ」をご参照のほど〜。
夏の終わりに、旅を愛するみなさんとお会いできるのを楽しみにしています!

| 1/2 | >>

てるてる日記

〈旅人・エッセイスト〉 
 たかのてるこ 公式ブログ

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

Profile

mail

Selected entries

Categories

Archives

Links

mobile

qrcode

Search

Others

たかのてるこ著書・DVD